セミナー / イベントSeminar / Event

  • イベント

林揚春先生講演会 インプラント治療のパラダイムシフト −患者中心のインプラント治療を求めて−

開催日

2020年4月5日(日)

林揚春先生による講演会を弊社主催で富山県にて開催いたします。
今回、小林祐之先生が代表の有志会に後援頂き、実現いたしました!

講師紹介
林揚春 先生
医療法人社団 秀飛会 優ビル歯科医院理事長
Director of MINEC Japan
日本大学客員教授
MEGA’GEN Implant 公認インストラクター
後援
有志会代表:小林祐之先生
日本口腔インプラント学会専門医
国際インプラント学会(ICOI)指導医
OJ理事
DC21理事
ノーベルガイドプランニング教室北陸塾長
会 場 富山国際会議場 大手町フォーラム
〒930-0084
富山県富山市大手町1-2
アクセス
・東京駅より約2時間
・新大阪駅より約3時間
・名古屋駅より約3時間
・富山空港よりタクシーで約20分
定 員 60名
受講料 歯科医師19,800円(税込)・歯科技工士8,800円(税込)
有志会会員の歯科医師16,500円(税込)・歯科技工士5,000円(税込)
この機会に有志会に入会される場合は会員価格での受講が可能です。
開催日時 2020年4月5日(日)
10:00~16:30
講義内容 従来のインプラント治療は、上顎洞底挙上術、骨移植術、骨再生誘導術、骨延長術、垂直骨増生術などのさまざまな手術が、萎縮した歯槽骨の幅と高さを高めるために行われている。
しかしながら、これらの治療は、外科的侵襲、高コストおよび治療回数と期間、および合併症のリスクの増加など、これらの手術法は多くの問題点を有する。
現在では、患者への外科的侵襲および手術回数を少なく、治療期間を短く、安静期間中のQOLの低下を防ぐために、
抜歯即時埋入での即時荷重および早期荷重が主流になってきている。
また、垂直骨量の少ない部位においても、従来の上顎洞底挙上術からShort implantへ変換することで、
より多くの患者はこの治療選択肢から利益を得ることができる。
今回は、審美領域でのRoot membrane techniqueの応用から垂直骨量が少ない部位におけるShort implantの使用法など、患者中心のインプラント治療について解説する。
お問い合わせ (株)メガジェンジャパン
〒541-0053 大阪市中央区本町2-3-4アソルティ本町8F
TEL:06-6266-3535/FAX:06-6266-3536

フォームからのセミナーお申込

以下の入力フォームに必要事項をご入力の上、お問い合わせください。
個人情報の保護についてはこちらをご確認ください。

各種ご相談ダイヤル

06-6266-3535
※電話受付時間:9:30-17:30(土日祝除く平日)

メガジェンジャパンのホームページへようこそ!
下記のいずれかをお選びいただき、ご覧ください